本文へ移動

健康住宅

ご挨拶

『空気』って、普段言葉に出したり、考えたりすることって少ないですよね。
ですがみなさんは、山の頂上に登った時や涼しげな渓谷に立ち寄った時など
ついつい『空気がおいしい』と
声に出してしまうことはありませんか?
しかも自然に、無意識に。
身体は知っています。良いものには本能的に反応します。
『空気』に対してもそうなのです。普段は忘れているだけ…。
思い出してみてください『空気』の大切さ。
思い浮かべてみてください『おいしい空気』に触れた時の喜びを。
暮らしの中でもその気持ちを味わっていて欲しいから…。
『健康な』こころで
『健康な』からだをつくり
『健康な』笑顔がこぼれるような
そんな暮らしを提供したい。
家の空気を変えていく。あなたの健康の『サイン』お届けします。

引っ越し後も健康住宅とは・・・?

今までの『健康住宅』は、ビニールクロスを和紙やケナフなどの呼吸する材料に変え、合成使用の新建材を天然無垢材に変えるなどして化学物質のガスを出さな いようにした住宅のことを指していました。けれども、『生活していく住居』として考えたときに本当に『健康』であると言いきれるでしょうか?
私達が生活をしていく上で無くてはならないもの、例えば家具・家電・衣類、色々な物から様々な化学物質のガスが発生しているのです。引っ越す際にそんな物 を家に入れてしまうとどうなるのか…そう、『健康住宅』はそのガスを吸ってしまい、『不健康住宅』に一変してしまうのです。
本当の『健康住宅』にするためには『家』そのものに、家具・家電などから発生する化学物質が吸着し分解する機能を持たせる必要があるのです。そうすることで本当の『健康住宅』が生まれると考えています。
当社では健康と癒しの住空間を創るための3法則とし、竹炭入り「清活畳(R)」「幻の漆喰(R)」「音響熟成(R)素材」の3つの商品を開発しました。この商品をバランスよく使用することで、呼吸はもちろん、化学物質を吸着分解し、さらには清々しい空気を生み出すという快適で安全な住宅が完成しました。
最近の住宅雑誌やパンフレット・カタログなどでは、自然素材、健康住宅という文字が多く見受けられます。
しかし、本当にお客様の健康を考えた材料選びをしているのかは疑問です。「和紙を貼る糊や珪藻土に混ぜる糊の中に化学物質が含まれていないのか?」「天然無垢のフローリングの表面に塗ってある塗料は大丈夫だろうか?」
メーカー・業者の方々はほとんど説明しません。間取りやデザインなど見た目の美しさを重視し過ぎて、一番大切なお客様の健康を忘れているように思えてなりません。
私共は、引っ越した後も健康であり続ける住宅を目指し、生物的な家づくりを実行しています。すべてはお客様の健康を心から願うため。選ぶのはあなたです…。
日本住宅株式会社
愛媛県今治市高市甲186番地1
TEL 0898-43-6666
FAX 0898-43-6777
定休日:年末年始・夏季休業日
営業時間:8:00〜18:00
新築、増改築、分譲、不動産取引
●建設業許可番号
    愛媛県知事 (般-26) 第 8604号
●宅建業免許証番号
    愛媛県知事 (5) 第 4308号
●一級建築士事務所登録
    愛媛県知事登録 第 2460号
●SWスーパーウォール工法
    認定番号 950931号
  各モデルハウス
  受付時間:10:00〜17:00
  毎週:土・日
4
8
1
6
9
2
TOPへ戻る