本文へ移動

4つの安心


 

 
 
SW工法なら専用ソフトを用い、プラン段階から耐震性が確認できます。建築基準法で定められた壁量に対し、どれだけ余裕があるか、また建物全体でバランスよく壁が配置されているかなどを確認できます。
SWパネルは建築基準法上、木造最高倍率の「壁倍率5倍」の国土交通大臣認定を受けています。
※実際の物件ではプランにより壁強度を考慮し、壁倍率5倍と2.5倍のSWパネルをバランスよく配置します。※壁倍率とは、地震の揺れ等に対する強度を表します。数値が大きいほど強い壁であることを示します。
 

 

 
 
SWパネルは、トステム株式会社の工場で厳しい品質管理のもと生産されています。また、建ててからではわからない住宅内部の構造部分に確実に採用されていることを証明する出荷証明書を発行しています。
   

 
 
SW工法の住宅は、第3者の検査・保証会社が建て主様に代わって建築中の現場を検査します。地盤調査、基礎配筋、構造体、外壁下地、完成時の検査を行います。
   

 

 
 
SW 工法の住宅なら、冷暖房費のランニングコストシミュレーションを実施。事前に冷暖房費にかかる目安の金額を知ることができます。また、SW工法住宅の住宅 に住むことで、どれくらい地球温暖化防止に貢献しているかわかるように、一般住宅と比較したCO2の削減量をお知らせします。
※冷暖房費のランニングコストシミュレーションは、設計時のQ値より算出した概算の冷暖房費のため、住まい方などにより、実際の冷暖房費とは異なる場合があります。
   

 
 
SW工法の性能は、国からも認められ、住宅の省エネルギー基準の最高水準である次世代省エネルギー基準適合住宅認定および性能表示の最高等級である温熱型式等級4を取得しています。
   

 
 
どんなに断熱性能が高くても気密性能が高くなければ、省エネ・快適住宅にはなりません。SW工法の住宅は、1棟ごとに気密測定を実施し、建物の機密性能を確認します。
SW工法住宅の気密断熱性能は1棟ごとに計算、測定を行い、「性能報告書」で建て主様にお知らせします。
   

 

 
 
SWパネルに使用している断熱材は、水分を透しにくい発泡ポリウレタンを使用しているので、室内からの水分をガードし、断熱材内部に結露を発生させません。また、瑕疵保証では保証されない断熱材(ウレタン)内部の結露による劣化を、業界最長の35年間保証します。
SW工法住宅の住宅の換気に「けいざい君」をご採用いただいた場合、換気ユニット本体を5年保証します。(業界初)
   

 
 
SW工法の住宅は、国が定めた10年の瑕疵担保責任に加え、10年ごとに検査・保証会社の点検を受けることで、最長60年までの保証を延長することができます。また、万が一建築会社が倒産・廃業しても、検査・保証会社保証いたします。
※保証の対象は、住宅品質確保促進法における瑕疵担保責任の対象となる「構造耐力上主要な部分」「雨水の浸入を防止する部分」となります。

チームマイナス6%

 
日本住宅株式会社
愛媛県今治市高市甲186番地1
TEL 0898-43-6666
FAX 0898-43-6777
定休日:年末年始・夏季休業日
営業時間:8:00〜18:00
新築、増改築、分譲、不動産取引
●建設業許可番号
    愛媛県知事 (般-26) 第 8604号
●宅建業免許証番号
    愛媛県知事 (5) 第 4308号
●一級建築士事務所登録
    愛媛県知事登録 第 2460号
●SWスーパーウォール工法
    認定番号 950931号
  各モデルハウス
  受付時間:10:00〜17:00
  毎週:土・日
4
8
1
6
9
2
TOPへ戻る